ホーム > 機械部品加工事業部 > 部门情報 > 刻印について
部门情報
ニュース
お問い合わせ
電話番号:
86-411-87516411
ファックス:
86-411-87517411-13
メールアドレス:
flortc@flortc.com
QRコード

本文はQRコードからどうぞ

刻印について

2016-03-10
部品順番や部品型番、規格などを明確するため、お客様からいただいた図面に刻印の指示が有る場合はよくある。

それで弊社の刻印方法について紹介いたします。

普段では弊社主に四つの刻印方法があります。

1、手書き刻印

手書き刻印工具 (気動型)

 

この刻印方法では刻印の人によって文字の大きさや形が違いますので、見た目がよくないと思います。外観に要求がなく、部品の使用に障害もないし、分別するためなら、この方法が便利だし、コストも掛からないです。この刻印方法は良く使っております。

 2、手打ち刻印

 

この方法は部品に力が与えるので、精密部品使えないです。大きく、変形しにくい部品,また公差に要求があく、精密部品ではいであれば、使えます。手打ちなので、綺麗に並べるか限られません。

3,機械刻印

 

機械刻印ではプログラムを作って、機械で自動的に刻印のことです。機械刻印は文字の大きさや深さ、仕様などが自由に設定できるし、刻印の見た目も綺麗。しかし、機械で刻印なので、部品の固定、2回パフ仕上げやバリ取りなどが必要です。また刃物が使うので、文字線の幅や部品の大きさの要求に限界がある。接触加工なので、変形しやすい、公差要求が厳しい部品なら、レーザー刻印がお勧めです。コストが掛かります。

4、レーザー刻印

レーザー刻印では良く使われています。プログラムで、文字の大きさ、仕様の設定ができ、部品の形や刻印の場所にもかかわらず、綺麗に刻印できます。接触しないので、部品の固定がしなくでもよい、また2回パフ仕上げやバリ取りなども必要がありません。公差要求が厳しい精密部品、小さくでも刻印できます。見た目もよい。ただし、コストがかかってしまいます。